2020年05月23日

オークス予想

こんばんは。
土曜日はよかったですね。ほぼ予想通り決まった結果でした。

昨日説明した本命のソーグリッタリングはちゃんと2着と連対。
そしてアイスストームのサインで自信が該当枠に入って走って1着でした。
枠連540円
馬連1830円

アイスストームのサインはまだ使えると思いますので、次回は5枠と6枠を覚えておきましょう!

ではオークスの予想にいきましょう。
本命は大逆転でこの馬を本命にします。


牝馬のレースはわかりやすいカタカナ配列のところが良いんですよね。
この馬は語尾の共通項があるので、まずはそこに目がいきました。
そして何より良いのが、チューリップ賞と同じ枠に入っていることです。
チューリップ賞
1枠 クラヴァシュドール 2着
8枠 マルターズディオサ 1着

今回も1,2着共に同じ枠に入りました。こういう時は両方ではなく、片方がかなりの確率で走ります。
この詳細については、これまた風花良先生のセットレース作戦の強力なサインの型で、
セットレース作戦という名で平成9年9月に発売された「サイン解読の法則」に載っています。
もう20年以上前になるので、古本屋で一所懸命探さないと見つからないと思いますが・・・

それはさておき、そんなよいサインが今回ありましたので、それを重視してこの馬を本命にします。
いや、そっちじゃないでしょ!と思う方は8枠の方をいってもよいと思います。

2番手はこの馬。


平日書いた通りです。連軸ではこの馬は外せません。
午前中のレースで騎手が同じ枠に入っているのもプラスです。

3番手はウインマリリンにします。
というのも今年のG1は高確率で8枠が走っているんですよね。
枠番を見てみると、
フェブラリー 6−8
高松宮    4−8
大阪杯    5−8
桜花賞    5−8
中山GJ   6−8
皐月賞    1−4
天皇賞春   4−8
NHKマイル 2−6
ヴィクトリア 6−8

皐月賞とNHKマイル以外は全て8枠が走っています。先ほどのセットレース作戦の8枠でもあるので、
注意が必要です。

あとは昨日も書いたマジックキャッスルにも注意したいと思います。
土曜日兄が走ってしまったので、走らない可能性もありますが、押さえておく価値はあると思います。
というのも母親のソーマジックもオークスに出走していました。
そして入っていた枠番が娘と同じ6枠12番なのです!さらに言えばその前の桜花賞も同じ7枠13番に入っていたのです!

ソーマジック
桜花賞 7枠13番 3着
オークス6枠12番 着外
マジックキャッスル
桜花賞 7枠13番 着外
オークス6枠12番 ??

こんなことがありますでしょうか!?

桜花賞は母親が馬券になっていたためか着外。
そして今回はオークスで母親が着外になっている以上、娘の番かもしれません。
しかも前回桜花賞で12着でした。そして今回12番です。12番はトランプでいえばクイーン!
ありかもしれません。。。
posted by とし at 22:18| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。